三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

レモンの会、定例会

公開日:2018.10.09 /更新日:2019/02/23

 

こんにちは! 藤川正宗です。広島で、温熱計算とパッシブデザインを推進する設計士と工務店が集まる「レモンの会」、定例会。

ホテリ・アアルトの設計解説と見どころ紹介。福島県耶麻郡北塩原村にあるホテリ・アアルト(HOTELI aalto)は、建築雑誌でも大きく取り上げられた、益子義弘さん設計のリノベーション物件。もともとは民間の保養施設だったのを、地場工務店が買い取り、ホテルとして運営するために、益子さんにリノベーション設計を依頼。雪深い地域にピッタリな、北欧テイストの高級おもてなしホテルになっています。伊礼智さんもお気に入りの宿として有名ですね。

凰建設の森さんから聞いたお話の発表。基礎内断熱でベタ基礎上に断熱を乗せない場合、プラ束を使うのは、鋼製束にした場合に冷えた基礎から熱橋するのを避けている。夏のピークシフトとして、日中のエアコンは窓からの日射熱を下げる目的で使い、夜間は屋根からの輻射熱を下げるのに使おうとすると、屋根からの熱伝導を8時間ほど遅らせる必要が出てくる。それをするために、屋根断熱をしっかりするというか、いろんな種類の断熱材を組み合わせる実験をしているということでした。気持ちは分かりますがマニアックすぎてついていけません(笑)

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP