三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

三次市糸井町の雨漏りする屋根から、こんにちは!

公開日:2019.03.09 /更新日:2020/02/23

三次市糸井町からの屋根リフォームの写真こんにちは! 藤川正宗です。

朝は冷え込みましたが、日中は、すっかり春になってしまいましたね。とはいえ、明日は雨だそうで。

そんな折、屋根が雨漏りしてるからリフォームも含めて見てみてよ、という新規のお客様から連絡がありました。

こうして、まったく見ず知らずの方からもリフォームのお声がけいただけるようになるなんて、本当にうれしいです。

おうかがいしてみると、屋根瓦の谷部分が銅板でつくられていたので、そこに穴があいて、雨漏りしている様子でした。

ひとまず、明日の雨に備えて、応急処置だけはさせていただきました。

瓦屋根の板金部分を銅板でつくることが昔は多かったのですが、それは、銅板が強かったからです。

銅板単体では、ちゃんと強いです。

いくつものリフォーム現場を渡り歩き(笑)銅板の穴の開く箇所を見続けて、そうじゃないかな、と思うのは、酸性雨が瓦の釉薬の成分と反応して、それが垂れて銅板に当たるところだけが、穴があくようなんです。

銅板だけでも、酸性雨だけでも、瓦の釉薬だけでもなく、それぞれが融合して、そういう雨漏りが起きているんじゃないかと、そんな仮説です。

ただの経験則です。

でも、あながち間違ってないかなぁ、と今回の穴のあき方を見ながら思いました。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP