三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

11月は特価品の連絡がもりだくさんに

公開日:2019.11.02 /更新日:2020/02/23

こんにちは! 藤川正宗です。

11月というのは、メーカーさんも卸さんも歳末商戦に向けて、はりきった金額を出す時期ではあります。

基本的に年間を通じてリーズナブルになるようなコストダウンはしているのですが、

こうした特価品もうまく取り入れながら、お客様にご提案しています。

そんな中で、ノーリツのレシピアというすてきなシステムキッチン、

これがかなりの金額になったという連絡が届きました。

基本性能はもちろんのこと、10センチ単位でサイズ変更、

さらにシンクの位置変更もできるという、オーダーメイドな

システムキッチンなのに、めちゃお安い。

1軒800万円とかのローコスト住宅、建て売り住宅なんかには

充分すぎるくらいのシステムキッチンです。

組み合わせキッチンを使っていて、その取り換えリフォームを

同じ値段でやりたいな、という方にもピッタリですね。

値段的には、、、、お客様への消費税抜で20万円でも充分に適正範囲内の計算です。

とにかくシステムキッチンが安価にすめばいい、という方にはピッタリですね。

ご興味があれば。

 ☞  ローコストキッチン ノーリツ プレゼン

あくまでも、こんなのがありますよ、というだけで、標準仕様はいつものとおりです。

すえながく、本当に30年とか使っていただき、それでも満足していただく、

そのために必要な要件って、けっこう決まってるもんなんですよね。

そうした要件を満たしたものが、さくら建築の標準仕様になっています。

お客様が支払われる金額に直結することなので、

これくらいコストダウンにはシビアに取り組んでいます。

ここをおろそかにしてしまうと、びっくりするようなことも起きます。

たとえば、これはホントに内緒の話ですが、パナソニックの商品って、

広島とか、中国地方ではかなりレベルの高い、高価格商品、

ハイブランド商品として、売り出されています。

もちろん、悪いところなんて全然ないメーカーで、

私だって大好きです!! パナソニック!!

でも、あるエリアでは、ものすごい安売りされている、なんて事実もあります。

なので、そういう事実をふまえながら、いろんな角度で交渉をしていき、

いまのコストダウンというのを実現しています。

同じメーカー品なら、安い方がいいですよね?

その分、お値段以上の手仕事を、真心込めて、

丹精込めて、家づくりさせていただく方が良いな、と私は思っています。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP