三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

本部にて経営会議と設計会議

公開日:2018.04.13 /更新日:2019/04/23

さくら建築の母体は、救急からリハビリまて手がける社会医療法人近森会になるので、比較的自由に経営させてもらってるとはいえ、大事なところは本部で話し合います。そういう経営会議を定期的に高知でやってます。他にも、リハビリ現場からの意見も建築設計に取り入れる確認なんかもしないといけないので、なんにせよ高知には行かないといけない状態がしばらく続きます。

私も比較的あちこち忙しそうにしてますが、こちらこそ日本の医療を牽引している激動の多忙まっさかりなので、私が行くしかない、というだけなんですけど。それでもバリアフリーは床だけじゃなくて天井もバリアフリーだ!とかいうおもしろい意見も出てきて、いや、これ意外に核心ついてるんですよ(笑)

 

そんなあちこちでした。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP