三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

庭を第2のリビングとして使う提案

公開日:2018.05.06 /更新日:2019/02/24

先日は屋上リビングもいいですよね、ということを書きましたが、三次市のような市街地でなければ土地が広く取れるので、ムリに上へ行かなくても、庭があるじゃないですか、庭を第2のリビングとして楽しみましょう、というお話です。

三次市で新築を建てる時は「さくら建築」に相談しようゴールデンウィーク気分を味わおうかと、夕食はバーベキューにしてみました。田んぼを挟んでバイパスからよく見える我が家ではありますが、木塀のおかげでプライバシーは守られています。中庭感覚で広々と気兼ねなく楽しめる空間。ひとときを過ごしながら、これってもっとたくさんの人に提供したいなって思っちゃいました!

ウチはまだまだ寄せ集めで整理できてない状態ではありますが、これをなんとかきれいにまとめてパッケージにしたいですね。新築の建物をコの字にする中庭もありますが、これはコストがかかりすぎるんです。隣家がすぐ近くにないなら、そんなことする必要もなく、おしゃれな木塀で目隠しすれば、第2のリビング空間ができちゃいます。それをいかに室内とシームレスにつながりの感じられる仕組みに収まるか?  ちょっと考えてみますから、たぶん4週間後には答え出てると思います(笑)

三次市や庄原市のような地域で、注文住宅を建てるとしても、建物自体はコンパクトにして光熱費を抑えるのが定石で、それは正しいことだと思います。ただ、家の中だけだと窮屈ですよね。

せっかく自然に囲まれて、都会に比べれば地価もリーズナブルなんですから、建物の外も有効活用するべきです。ただの駐車場だけではなく、ただの庭ではなく。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP