三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築

完成見学会を行っていないことへの説明

高気密高断熱な完成見学会や構造見学会で客寄せをする工務店が多くありますが、パッシブデザインを設計する「さくら建築」では、お客様のプライバシーやお住まいになられての防犯面を最大限配慮しています。

ハウスメーカーや工務店がよくやっている「完成見学会」や「構造見学会」を、さくら建築が行わないことについて説明いたします。

完成したばかりのキレイな新築の建物を見て回るのが楽しい、というお気持ちはよくわかるのですが、大切なお客様のためにおつくりした建物なので、お客様に一番に楽しんでいただきたいと思っています。

さくら建築の家は、自然素材でつくられているので、無垢の床板や、珪藻土の塗り壁など、じっくりと住まいながら、時間をかけてでないと味わえない良さは、お客様だけのものとも言えます。30分や60分で見てわかるのは、間取りの把握と、床下エアコンがついてる、小屋裏エアコンもついてる、窓がぶ厚い樹脂トリプルガラス、自動掃除機の指定席がある、なんとなくデザインがすっきりしてる、くらいなことです。むしろ短時間だと拍子抜けするくらいすっきりしています。

また、さくら建築のお客様は、どちらかというとプライバシーを重視する方が多いので、折込チラシやSNSで完成見学会を宣伝して、たくさんの人を入れるというのは、お客様の意に沿わないと感じております。リビングなどのパブリックな部屋だけではなく、寝室や書斎などプライベートな空間もすべて見て回り、間取りもすべて把握してしまう、というのは防犯の観点からも、あまりやりたくないなぁと思ってしまいます。

そもそも「完成見学会」などは、その会社で契約しようかどうしようか検討中の方が、どんな家をつくっているかを実物で確認するためのものですよね。決して、会社の宣伝のためにすることではないと考えております。注文住宅ですから、その建物は、そこに住まわれるお客様の想いや生き方のすべてが込められています。多少は参考にはなれど、どういった意図でこの間取りになっていったのか、ということは、お一人お一人で異なります。

もちろん、弊社で検討されているお客様や、お打ち合せ中のお客様には、工事中の物件を見学したり、オーナー様のご好意で住まう様子を見せていただいたり、完成時に撮影した写真での説明はしております。それは、プライバシーや防犯面でも最大限に配慮して、さらにオーナー様への心配りもされるからこそ、できることではあります。

「完成見学会」を行わない、というのは、他のハウスメーカーや工務店もできることではないと思います。たくさんの年間棟数を目的にしない、利潤を追い求めなくてもいい会社の形を、さくら建築がつくってしまったからこそ、できることではあります。ですから、のんびりと、じっくりと、家づくりの検討や打ち合せがしたい、という方にしか、さくら建築は合っていないと思います。

とにかく早く、数ヶ月後にはとにかく着工して欲しい! すぐに住みたい! という方には、他のハウスメーカーや工務店さんをオススメいたします。月末や年度末であれば、スピーディに契約、着工と進んでくれると思います。さくら建築では残念ながら、初のご来店からご契約まで、早くても半年以上はかかってしまいます。もちろん、着工はそれからまた時間がかかります。それくらいのんびりしていますが、40年、50年も住みつづけるマイホームのお打ち合せですから、それでも短くないだろうか、と思う時もあります。

PAGE TOP

PAGETOP