三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築

三次市で注文住宅を新築一戸建てするなら着地する

こちらの三次市三良坂町のページというのは、なるべく注文住宅として読んでいただくのには、あまりふさわしくないところであります。

三次市十日市東というのは、せめて三次市南畑敷で注文住宅を新築するのがセオリーとなりますが、そもそも三次市の注文住宅であることが悩みのタネなのかもしれません。

もちろん、新築一戸建てという夢のマイホームへむけた計画があるのは大前提となりますが、それが注文住宅であるかということはさしたる問題ではなく、どちらかというと、デザイン住宅であるとか、高気密高断熱な高断熱住宅の位置づけが注文住宅であるかどうかを左右しています。

それだけではなく、木の家に住むことが注文住宅を新築すること、もしくは、新築一戸建ての注文住宅をマイホームづくりの一貫とすることとなります。木の扉や、木の床が、木の家の第一条件となります。だからといって、注文住宅が木の床にしたり、木の扉を付けたりする、そんな、木の家であるとは限らないのですが、どちらかというと、注文住宅であればマイホームづくりをスムーズに進めることができるという意見もあります。

ということで、三次市畠敷町で新築の注文住宅を一戸建て、木の家となるには、さながら、木の床が必須となってきます。

PAGE TOP

PAGETOP