三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

三次市三良坂町で古民家リノベーション、始まります

公開日:2019.02.27 /更新日:2020/02/23

今日は金融機関のような名前の企業データを販売する営業さんがいらっしゃいました。三良坂町まで、広島市からいらっしゃって、ほんとにご苦労様です、こんにちは! 藤川正宗です。

私は古くさい人間なんでしょうね、あのぶ厚い本を売ってるのかと思いきや、経営コンサルタントとして活動されて、会員募集をしているようでした。よその企業データ見放題、というのがウリなんですが、そんなに信用データも必要ないし、同業他社のことを知っても、それぞれ歩む道は違うので噂話のネタを仕入れる程度にしか思えないのと、経営相談に乗ってもらうにしても、ピンでやっていけない人ほど頼りにならないこともなくて。商売を始めたばかりの人には、いいかもしれませんね。

それよりも、私としては本業の古民家リノベーションの精度を上げていくことの方が最優先です。古民家リノベーションは、やればやるほど奥が深く、もっとやりたいことが増えていきます。今回も、ベニヤ合板の弱さを痛感しましたから、長く住み続けることが大前提の注文住宅や、新築一戸建ての家を建てる際にも参考になりました。

  • あ、三次市三良坂町でまた古民家リノベーションが始まりまして、いつものように解体からスタートです。この解体というのが、実に勉強になります。作った時はそりゃ新品ですからきれいなんです。でも、何十年も経つとどうなるか、どうしたらこうなるのかが、ハッキリと見えてきます。
  • だったらこれから注文住宅とか新築一戸建ての家を建てるんなら、こういうことはしちゃいけないんだな、こういうことをしとけばいいんだな、ということを教えてもらえます。

    つくづく、新築だけでなしにリフォームとか、古民家リノベーションという両輪でやってきてよかったなぁと思います。

    これからも、時代を越えて、頼れる工務店でありたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

    関連記事

    PICKUPおすすめ記事

    PAGE TOP

    PAGETOP