三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

本部会議で高知へ

公開日:2018.10.04 /更新日:2019/02/23

 こんにちは! 藤川正宗です。本部会議のために高知に来てます。

 大好きな高知駅と、手前には坂本龍馬ら維新の志士の銅像が並んでるのが眺められる一室に本部を構えていますが、そんなに浮かれた気分ではいられません。トイレにも行けないくらい滞在時間びっちりのスケジュールが組まれているんです。リハビリテーションの先駆者から、動向分析とこの後の展望をヒアリング、弊社の進むべき道の設定と振り返り。理学療法士(PT)から、弊社の住宅では家庭内事故リスクの検証と改善点を30ほどあげてもらい、設計のブラッシュアップ。最近のリハビリ事情をお聞きしながら、住宅にはこれからはどんなことが必要になってくるんだろうか、という話。とっても参考になるし、ウチのやることのレベルが抜群にブラッシュアップされて上がるので、こうして毎月のように本部会議させてもらってます。つきあってくださる病院サイドの方には感謝です。

 ただ、テンポよすぎて速すぎるのと、言いたいことをそのままズバズバ言ってくることと、同時に2人が違うことを話してくるのは、、、、聖徳太子じゃないんだから(笑)トイレにも行きたいし。

  今回は名古屋から直接、高知へ来たのですが、移動時間がもったいなくて、夜行バスで来ました。わたしのような巨体で夜行バスというのは、なかなかしんどいもんがあります(笑)どうしても足がつかえるので、ヒザが伸ばせず、いたくなっちゃうんですよね。背もたれから頭も出てるから安定しないし。

 それでも、朝一番からこうして会議ができて、昼前にはもう帰路に着けるというのは、ものすごい時短です。早朝の高知を歩くというのもオツです。帯屋町商店街では、志士の名言が掲示されています。なんだか気の引き締まる思いです。冗談みたいなセリフばかりですが、でも、こういう名言が当たり前のように小さいときから目の前にぶら下がり、刷り込まれていったらどんな人に成長するでしょう? 高知というのは、おもしろい土地です。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP