三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

今月の勉強会は土壁や自然素材だけでつくられた健康住宅、漆喰やアレルギー対策について

公開日:2018.04.23 /更新日:2019/04/23

今月の広島住宅研究会、20名くらいの参加でした。ありがとうございます。

木と土で家をつくる佐々岡由訓さんから、充実の発表。土壁でいかにして法適合させながら、しかも本体価格1500万円に仕上げるというのは天晴れです。その手法と作法と心意気をお聞きしました。

ウチでもよく使う瀬戸漆喰、これが最近アレルギーと住宅について考えてる会からも必須材料として使われ、加えて板倉工法をパネル式でやれば大幅にコストダウンになるね、とか、屋根部分での通気をすれば断熱材を使わず、むしろ使った方が悪くなるから無垢板で野地換気させる工法など。立地と建築コストの全体的な話とか、2時間半が全然足りないくらいの充実勉強会でした。

 

これの前にもがっつり構造計算したり、標準仕様にしてるフルハイドアのショールームで商談したりと、一日中、脳ミソがヒートアップ(笑)

 

    

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP