三次市・庄原市のマイホームは
さくら建築
column

外壁の基礎まわりを考えてみた

公開日:2018.03.19 /更新日:2018/04/19

 会社の外壁の下部分、基礎まわり。リノベだと難しいことはたくさんあれど、今回の石でぐるり回した基礎というか、これが全然レベルじゃないのには、最後の納まりをどうしたらいいのかとても悩みました。どの大工さんに聞いても、「わからん」のひとことで終わってしまうし、実際やりようがないのが現実です。

 なもんで、考えました。左官下地にもなる耐力面材を張って、下面のすき間は瀬戸漆喰でコーキングみたいにシールしてしまおうと。それから仕上げに漆喰塗りにしてしまえば、白で統一されていいかなぁ、と。

 あとさきあるので、漆喰でシールしたところで、耐力面材を打ち付けます。初めて使う建材なので、これも結構調べて探しました。左官下地としてアクが出ないというのは大事で、それだけなら木毛板でもいいようなですが、それだと弱いので動いて、クラックが入ってしまいます。

 ここまで来たら、大丈夫。下からのぞき込んで確認です。

関連記事

PICKUPおすすめ記事

PAGE TOP

PAGETOP